旅客流動を考慮した対話型ダイヤ作成システム

改正後のダイヤにおける各列車の乗車人数をインタラクティブ(対話的)に推定するシステムを開発しました。

1.はじめに

現状では、ダイヤ変更後の各列車について、瞬時に乗車人員を推定することは困難です。そこで、本研究では、ダイヤ改正で計画する列車ダイヤのデータと過去の実績ODデータ(出発駅と到着駅の組み合わせごとに利用者の人数を集計したデータ)をもとに、従来から研究されている旅客流動推定の手法を応用することで、改正後のダイヤの各列車個別の乗車人員をインタラクティブ(対話的)に推定するシステムを開発しています。

2.システムの特徴

旅客流動を考慮した対話的ダイヤ作成システムは①高速に乗車率を推定することができる、②直感的に列車ダイヤを操作することができる、という2点の特徴をもっています。

高速化に関しては、従来の旅客の列車乗継経路推定アルゴリズムで行っていた重複する計算を削除し、高速に乗車率を推定するアルゴリズムを新たに考案しました(図1)。

また、ユーザが直感的にシステムを操作できるように、システムにおける処理の流れとユーザがダイヤを作成するまでの実際の業務の流れが合致しているような設計をしています(図2)。その上で、様々なタイプのダイヤを修正しながら迅速かつ容易に乗車率を推定したい、各列車の乗車率の推定結果を色分けし視覚的・直感的に把握したい等というニーズに応えるように様々な機能を組み込んでいます。大都市圏内のある路線に対して終日ダイヤの乗車率推定を行った場合、10秒程度で乗車率推定が可能になっています。

※動画では、下記の環境で乗車率推定を行ったデモンストレーションを行っています。

 OS:Windows 7 professional (32bit)
 プロセッサ:Intel® Core™ i7-4790 CPU @ 3.60GHz 3.60GHz
 実装メモリ:4.00GB

図1 旅客の経路推定アルゴリズム
図2 ユーザとの対話型乗車率推定システムを用いたダイヤ作成業務フロー
動画 乗車率を推定しながらダイヤ修正

関連ページ

参考文献

PAGE TOP