車両運用計画自動作成アルゴリズム

車両運用計画の効率化を目的として、自動作成アルゴリズムの研究開発を行っています。

1.車両運用計画とは

鉄道会社は予め作成した計画に従って列車を運行します。この計画には、列車の運転時刻表を作成する輸送計画だけでなく、車両の使用方を決める車両運用計画や乗務員(運転士および車掌)が乗務する行路を決める乗務員運用計画などが含まれます。

列車として実際に線路の上を走るのは車両です。どの車両を使ってどの列車を走らせるかを決めなければ列車を運行することはできません。車両はとても高価なもの。限られた数の車両で一日に往来する数百本の列車を上手く運用しなければなりません。そこで、「いかに効率よく」を念頭に、各車両を順番に使用する列車を決めていきます。そのとき、列車に割り当てるべき車両がその列車の始発駅に残っていなければ、別の駅から車両を回送して調達することになりますが、回送はコストを伴う、新たな列車を設定するためのダイヤ上の時間を確保する必要があるといった問題あり、できるだけ回送列車が少なくなるように車両を割り当てることになります。また、車両検査の為に、定期的に車両を車両基地に帰還させる必要もあります。

2.車両運用計画の自動作成

このようにダイヤが運行できるように効率的な車両の使い方を決める計画が車両運用計画です。私たちは、効率的な車両運用計画を作るという極めて知的な作業をコンピュータが行う、いわゆる自動作成システムの研究開発を行っています。この研究開発には、計画担当者の負荷を軽減することだけでなく、輸送計画全体をスピードアップすることで旅客のニーズに素早く対応できるようにするという狙いがあります。

図1 車両運用計画の例

参考文献

PAGE TOP