運行計画の観点による折返し設備評価手法の研究

輸送障害時に折返し運転をするための折返し設備の新設効果を、利用者利便性の観点から定量的に評価する手法を構築しました。

1.概要

人身事故等の輸送障害時に、不通区間以外での折返し運転をするための折返し設備の新設効果について、利用者利便性の観点から定量的に評価する手法を構築しました。

2.背景

輸送障害時における影響範囲の拡大を防止し、輸送品質を確保するために、途中駅の上下線間にわたり線を新設して臨時の折返し運転を行う施策を検討するケースがあります(図1)。わたり線の設置には相応のコストを要するため、新設効果について定量的に評価し、客観的な根拠となる値を算出することが求められていました。

図1 評価手法の概要

3.評価手法の概要、特徴

  • 確率的に発生させる様々な輸送障害シナリオに対し、利用者1人1人の行動をシミュレーションで推定、評価し、それらの期待値を算出する、リスク評価の手法(モンテカルロ法)をベースとしています。
  • 折返し設備の新設前後における、折返し運転区間の違いだけでなく、運転整理ダイヤを想定し、遅延の発生、増大等の詳細な運行状況を考慮可能です(図2)。
  • 各区間における輸送障害の発生頻度の違いを考慮し、様々な発生時刻、支障箇所の輸送障害を想定する、実用的な評価手法です。
  • 輸送障害時に、各利用者の目的地までの列車乗継経路を、他社線に迂回して目的地に到達する迂回行動も含めて推定し、それに基づく利用者の輸送サービスの視点による定量的な評価を行います。

図2 評価手法の特徴

4.実施例

実在路線の2つの折返し設備新設計画に対する比較評価を行いました(図3)。

図3 折返し設備新設計画の評価

5.今後の展開

本手法を様々な路線に適用し、提案手法の有用性を検証していきます。

関連ページ

参考文献

PAGE TOP