自動改札機データを活用した旅客流動調査

自動改札機データの活用により、広範囲で詳細な情報を把握できるため、ダイヤ改正の方向性、営業施策の検討を適切に進めることができます。

1.概要

列車の混雑緩和やサービス向上を目的としたダイヤ改正において、定量的なデータに基づき、旅客流動に合わせた適切な列車本数や停車駅を設定することが望まれます。自動改札機データの活用により、広範囲で詳細な情報を把握できるため、ダイヤ改正の方向性、営業施策の検討を適切に進めることができます。

2.用途

基礎的なデータにより、輸送計画作成、駅設備改良などの検討を支援します。また、経年比較によって旅客流動変化の傾向を把握できます。大都市交通センサス用のデータに用いることもできます。

3.特徴

乗車駅・降車駅の組合せごとの旅客数、駅別や駅口別での改札入場・出場人数などについて、券種ごと、時間帯ごとに集計できます。また、列車ダイヤデータと対応させた分析により、各列車の各駅間の乗車人数推定、接続駅における乗換人数などを推定できます。各種データは、帳票などの表形式に加え、グラフや色付きダイヤ図など、ご要望に沿った形式で提供することができます。

図1 データ加工・分析処理のイメージ
PAGE TOP