反応物質量を考慮したアルカリシリカ反応評価手法の開発

アルカリ骨材反応の反応機構に関わるコンクリート中のpH等に着目して、コンクリートのアルカリ骨材反応性を評価する手法について検討しました。その結果、骨材の評価に加えて、コンクリートの初期pHを測定することで、アルカリ骨材反応性を評価できると考えられることがわかりました。

特に重要なコンクリート構造物を建設する際の、コンクリートのアルカリシリカ反応性を評価する手法として、アルカリシリカ反応の反応機構に関わるコンクリートのpH等に着目し、コンクリートのアルカリシリカ反応性の評価手法ついて検討しました。その結果、コンクリート打設時のpHとコンクリートの膨張量とに関係があることがわかりました。これにより、骨材の評価に加えて、コンクリート打設時のpHを測定することで、アルカリシリカ反応性を評価できる可能性があると考えられます。

PAGE TOP