防振材料研究室

Vibration-Isolating Materials

防振材料研究室は、鉄道で使われるゴム、樹脂、シート、繊維、コーティング材などの有機高分子材料の評価・開発を行っています。技術分野としては、防振・防音関連の解析と材料の評価・開発、機能性高分子材料の評価・開発、鉄道の環境負荷低減を視野に入れた材料の評価や低負荷材料の開発などを行っています。これらの研究活動とともに、保有する設備・知識・経験を活用して皆様のお役に立つ活動も行っています。例えば次に示すような技術的なご要望にお応えしています。

  • 物性試験(強度試験、動特性試験、分析、劣化解析など)
  • 材料の耐久試験(疲労試験、促進耐候性試験、複合サイクル試験、クリープ試験など)

研究開発

磁力を利用して鋼製振動体に簡単に施工できる制振材「マグダンパ」

磁性ゴム層と亜鉛めっき鋼板の積層からなるマグダンパは、鋼橋など鋼製振動体に磁力を利用して簡単に施工できる高性能制振材です。

小間隙補修用合成樹脂てん充材MACH

MACHは、スラブ軌道のCA(セメントアスファルト)モルタル層の補修用に開発された高性能液状合成樹脂です。

鉄道車両用長寿命空気ホース

外面ゴムに耐候性に優れた合成ゴムを適用した鉄道車両用長寿命空気ホースを開発しました。これによって車両保守の省力化が期待されます。

車両用高分子材料を用いたリサイクル品の開発

鉄道車両用の高分子材料を用いて、リサイクル品を試作し、その特性を各種試験によって明らかにしました。

レール/車輪間騒音を低減する防音材

鉄道沿線ではレール/車輪間騒音対策が依然として重要な課題となっていますが、非継目の一般区間用および継目箇所のそれぞれに対して防音材を開発しました。

ナノ材料を用いた車両用床材

ナノ複合材料を用いることで脱ハロゲン化と難燃化を両立し、軽量な車両用床材の作製を行いました。

柔軟で成型性の高い圧電材料(圧電ゴム)

ゴム材中に圧電セラミックス粒子を混合した圧電ゴムは、ゴム材の柔軟性と成型性の高さを活かした圧電材料となります。

導電性塗料を用いた鋼部材の疲労き裂検知手法の開発

レール部材や鋼橋等に発生するき裂を検知する手法を開発しました。導電性塗料の電気特性変化からき裂の状況を判断するため、目視に頼らずにき裂を検知できます。

風荷重を低減して大幅な嵩上げを可能にする「風荷重低減型防音工」

列車走行時では所定の防音性能を持ち、構造物の安全に影響を与えるほどの強風時には風荷重を低減して、既設構造物においても防音壁を大幅に高くできる防音工を開発しました。

実験設備

主要な装置

当研究室は鉄道で使用するゴム・樹脂材料の新規開発、性能・耐久性の評価に取り組んでいます。それに必要な主要な装置をご紹介します。

基準図書・書籍

鋼構造物塗装設計施工指針の改訂

鋼構造物を適切に防食するための技術マニュアルである「鋼構造物塗装設計施工指針」について、近年の情勢、課題等を考慮した改訂を行ないました。

PAGE TOP