摩擦材料研究室

Frictional Materials

摩擦材料研究室では、鉄道で使われる各種のトライボロジー部材の「高性能化」と「高機能化」を主に目指した研究開発、およびこれらの部材に生じる摩擦、摩耗、疲労といったトライボロジー現象の評価技術の研究開発を行っています。さらに、金属系新材料に関する研究開発、および昨今の環境問題に鑑み、材料のエコマテリアル化の視点からの取り組みも行っています。具体的には、車輪、レール、パンタグラフすり板、ブレーキ系材料等を対象に幅広く研究開発に取り組んでいます。

研究開発

レール表面の転がり疲労状態の材料解析

車輪と転がり接触するレールが受ける転がり疲労による塑性変形状態の定量化解析技術を研究しています。

パンタグラフすり板材料の研究・開発

主なパンタグラフすり板材料と、すり板に求められる特性について紹介します。

C/C複合材製すり板の開発と各種特性

C/C複合材製パンタグラフすり板の概要と、摩耗特性を紹介します。

新潤滑材を適用した新幹線用すり板

新たに開発した新幹線用すり板の紹介をします。

車輪フランジの接触状態評価

車輪フランジとレールゲージコーナの接触界面で反射する超音波を測定することにより、その接触状態を可視化しました。

摩耗—疲労バランスを考慮した熱処理レールの開発

曲線外軌の摩耗や損傷を抑制するため、レール強度(硬さ)を変えた熱処理レールを開発し、性能評価を進めています。

車輪踏面熱き裂の発生メカニズムと対策法

車輪の踏面には様々な損傷や摩耗が発生します。中でも大きな課題である踏面熱き裂について、発生原因を解明しました。

実験設備

車輪/レール接触往復運動ユニット

車輪/レールの基礎的な接触特性に関する研究に用いる実物大試験機についてご紹介します。

高速用集電材摩耗試験機

パンタグラフすり板材料の摩擦・摩耗特性を評価する高速用集電材摩耗試験機の紹介をします。

高速摩擦試験機

高速摩擦試験機は、高速かつ大きな試験片で摩擦試験を行うことができます。

PAGE TOP