磁化特性評価装置

超電導体をはじめ、材料の電気的・磁気的特性評価が可能で磁化の温度依存性や外部磁場依存性が精度良く測定できます。

1.特徴

超電導体などの材料の磁化の温度依存性や外部磁場依存性など、電気的・磁気的特性評価には、SQUID(Superconducting Quantum Interference Device、超電導量子干渉素子)を用いた磁化特性評価装置が利用できます。この装置は、最大発生磁場が7Tで、温度は、液体ヘリウム温度域から室温域まで可変であり、超電導体だけでなく物質全般(小型試料)の磁化特性が評価できます。

2.性能

測定モード: DCモード、RSOモード
測定感度: 最大1×10-9emu
測定温度範囲: 1.9K ~ 400K
試料スペース: 7mmφ
発生磁場: 最大±7 T
評価可能な特性: 超電導体の臨界温度(Tc)、ヒステリシスループ

図1 磁化特性評価装置
2.超電導体の臨界温度測定例(磁化の温度依存性)
3.磁化測定例(磁化の磁場依存性)

関連ページ

PAGE TOP