車軸軸受耐久試験装置

鉄道車両用車軸軸受の性能および耐久試験を行うことができる装置です。また、JRIS規格にも対応しています。

1.はじめに

鉄道車両用車軸軸受の性能および耐久試験を行うことができます。本試験装置では、様々な使用条件に対応した試験ができ、一般社団法人日本鉄道車輌工業会規格「JRIS J 0455:鉄道車両車軸軸受の性能試験方法」に定められた試験も行えます。

2.特徴

  • 一定または変動荷重として、ラジアル荷重およびアキシアル荷重を負荷できます。
  • 以下の項目をモニターできます。
  • 軸回転数、ラジアル荷重、アキシアル荷重、軸受外輪温度、軸箱振動加速度
    (主軸を加工することにより、軸受内輪や軸の温度も測定できます。)

  • 軸回転数や荷重負荷のパターンをプログラムし、自動運転ができます。(図2)
  • 2個の軸受を同時に試験できます。(1個の軸受の試験も可能です。)

図1 試験装置の外観
図2 運転パターンと負荷パターンの例

3.主要諸元

  • 試験対象軸受内径: φ120~130mm
  • 軸回転数: 最大3,000min-1
  • ラジアル荷重: 最大200kN(周波数:0~20Hz)
  • アキシアル荷重: 最大150kN(周波数:0~20Hz)

動画1 試験装置の動画
PAGE TOP