高所空間における騒音予測手法

鉄道沿線の高所空間における鉄道騒音の予測精度を向上させるため、新しい予測手法を提案しました。

近年、鉄道沿線に高層住宅が増え、これらの場所を含めた高所空間における騒音予測手法の確立が求められています(図1)。そのため、従来の沿線の騒音予測手法では、防音壁上端より受音点が低いことを予測の適用条件としていましたが、受音点が防音壁上端より高所にある場合まで適用範囲を拡張し、新しい騒音予測手法を提案しました。

図1 鉄道沿線の高層住宅

高所空間における騒音予測手法は、軌道に対して直交した断面内での音源の指向特性、および車両側面と防音壁の間における音の反射の影響を考慮した新しい手法です。図2は、新しい予測手法による騒音レベル分布の計算値と模型試験による騒音レベル分布の比較結果です。両者の傾向は良く一致し、この予測手法によって高所空間における沿線騒音の予測が可能であることがわかります。高所空間における沿線騒音の分布の特徴として、車両下部から発生する音が斜め上方へ強く放射されることが挙げられます。この予測手法を用いて、防音壁の吸音材などの騒音低減効果を予測することも可能です。

図2 新しい予測手法による車両下部音の騒音レベル分布の計算値と模型試験による騒音レベル分布の比較
(防音壁高さ:R.L.+1m、車両:近接側軌道)

参考文献

PAGE TOP