車内振動騒音評価シミュレータ

上下・左右・前後の3方向に、1~50Hzまで加振可能な静音設計された動電型振動台を吸音防音壁で囲ったもので、壁面埋込スピーカーにより、20~20kHzの音場再現ができ、車内の振動と車内音を正確に再現・検証が可能です。

リニアモーターカーや時速300キロを超える高速新幹線など、鉄道の高速化が進んでいます。そこで、このような新しい鉄道の車内で、お客様に快適にお過ごしいただけるよう、列車内の振動と車内音を正確に再現・検証するために、この装置を開発しました。

この装置は、上下・左右・前後の3方向に、1~50Hzまで加振可能な水冷方式の動電型振動台を吸音防音壁で囲ったものです。また、壁面埋込スピーカーにより、20~20kHzの低周波音を含む音場再現ができます。

図 車内振動騒音評価シミュレータの室内

関連ページ

PAGE TOP