駅構内の緑化に関する研究

駅コンコースなどの快適性の向上を目的として、主に植物の香りの効果を利用した緑化手法の開発を目指しています。快適性の評価では、心理的・生理的指標を取り入れています。

1.概要

駅コンコースなどでは、自然環境を取り込むことによる快適性の向上を目的として、緑化が行われる事例が増えています。先行研究により、緑化には景観の向上のほかに、香りの付加や不快な揮発性物質の除去など、空気環境に与える効果があることが知られています。そこで、緑化による香りの効果を中心に、駅空間の快適性向上に寄与する緑化手法の開発を目指しています。

2.特徴

  1. 空気環境の化学分析や官能評価をもとに、効果的な植物量を算出します。
  2. 心理的・生理的指標を取り入れた緑化の評価を行います。

3.用途

  1. 植物の香りを利用した緑化の計画策定に利用することができます。
  2. 視覚的な評価のほかに、リラックス・リフレッシュ効果なども加味して緑化の効果を評価できます。

図 植物の香りを利用した緑化計画と評価

参考文献

PAGE TOP