LIM型渦電流ブレーキ

従来の渦電流ブレーキで問題となったレール温度上昇を抑制できる機能を有する、LIM(リニアインダクションモータ)型渦電流ブレーキの研究開発を行っています。

1.概要

在来方式鉄道へのリニア技術の応用の一環として、従来の渦電流ブレーキで問題となったレール温度上昇を抑制できる機能を有する、LIM(リニアインダクションモータ)型渦電流ブレーキ(図1)の研究開発を行っています。

運動エネルギーの一部をLIMを用いて電力回生することで、レール温度上昇を低減することを目標の一つとして研究開発を進めています。

2.基礎試験装置による特性確認

基礎データを取得するため、図2のような基礎試験装置を製作し、レール温度上昇抑制効果ならびに発生力の確認を行いました。

3.構内走行試験による性能評価

台車に搭載可能なプロトタイプ(図3(a))を製作し、構内走行試験により性能評価を行いました。その結果、所期の性能が得られること、および設計手法の妥当性を確認しました(図3(b))。

図1 LIM型渦電流ブレーキの概念図
図2 レールブレーキ基礎試験装置
図3 プロトタイプによる構内走行試験

関連ページ

参考文献

PAGE TOP