宮崎実験線

超電導磁気浮上式による実験車両の走行試験用に、1977年に開設された浮上式鉄道宮崎実験センターの試験線についてご説明します。

宮崎実験線の概要

宮崎県日向市にある延長7kmの宮崎実験線では、当初は逆T型のガイドウェイで、 その後は、U型ガイドウェイで各種走行試験を行ってきました。

今まで実施してきた主な試験項目は、超電導磁石弾性支持方式台車 (MLU002N)・側壁浮上案内コイル・2層推進コイル・GTOインバータ・ビーム方式ガイドウェイ・分岐装置等です。

図1 宮崎実験線・実験センター
図2 宮崎実験線のルート
PAGE TOP