MLX01

MLX01

MLX01(XはExperimentalの意味)山梨実験線用車両(最長5両編成)です。先頭車の前頭部は、高速走行時の空力特性を考慮し、エアロウェッジ型とダブルカスプ型、さらに空力的特性の改善を目指したMLX01-901の3種類の形状をしています。また、試乗を考慮して中間車には座席が取り付けられています。

MLX01には、宮崎実験線のMLU001やMLU002Nで試験を行った空力ブレーキやディスクブレーキも車上バックアップブレーキとして取り付けられています。

図1 MLX01 先頭車(エアロウェッジ型)
図2 MLX01 先頭車(ダブルカスプ型)
図3 MLX01-901 新型先頭車
図4 MLX01 空力ブレーキ
図5 MLX01 車内
図6 MLX01 台車
図7 MLX01 乗降用ドア

表 MLX01の概要
車体寸法
長さ×幅×高さ [m]
製作台数 定員 [名]
先 頭 車:28.0×2.90×3.32
標準中間車:21.6×2.90×3.32
長尺中間車:24.3×2.90×3.32
先 頭 車:5
標準中間車:2
長尺中間車:2
長尺中間車:68
超電導コイル
起磁力 [kA]×極数×列数
最高速度[km/h] 落成年
700×4×2 581(実績) 1996~2002

PAGE TOP