総研トップページ home 沿 革

沿 革

History



1987年4月財団法人鉄道総合技術研究所 発足 (会長:井深 大)
1992年3月鉄道総研で大型低騒音風洞の建設を決定
1992年3月鉄道総研で大型低騒音風洞の建設を決定
1992年11月風洞建設に関する技術検討委員会 発足 (会長:中口 博 東大名誉教授)
1994年6月滋賀県米原町で大型低騒音風洞建設工事着工
1996年4月大型低騒音風洞 建設工事竣工、6月試験業務開始 (センター長:丸岡 昭)
1998年9月風洞隣接地に、JRの高速試験車両(WIN350、STAR21)を保存
1999年9月第2模型支持台車を配備
1999年9月構内東側用地整備工事竣工(東海道線の移設完了にともなう整備)
2000年3月模型倉庫建設工事竣工
2000年7月鉄道総研 組織改正 (所長:近藤善彦)
2000年10月ISO9002認証取得
2003年7月新たに高速試験車両(300X)を保存
2003年9月ISO9001(2000年版)認証取得
2005年2月風洞設備リフレッシュ(ノズルとコレクタの柔毛材張替え工事を実施)