軌道技術研究部

研究部長からのメッセージ

軌道技術研究部長
村本 勝己

[出身] 工学系研究科 土木工学専攻
1991年 鉄道総合技術研究所 入社
2015年6月 軌道技術研究部長に就任

軌道技術研究部は、車輪からの荷重を直接受ける構造物、すなわち「軌道」の新たな構造や材料の開発およびその維持・管理に関する技術開発を行っています。特に次世代の軌道管理技術に向けた研究開発を担当する人材を募集します。
 軌道技術は鉄道に特化した固有の技術分野であり、日本の大学では専門的に研究を行っているところがほとんどありません。すなわち、鉄道総研の軌道技術研究部は日本で軌道を研究している数少ない組織の一つであり、最先端に立って日本の軌道技術を支えている研究者集団です。
 軌道技術は、土木、機械、材料、情報などの幅広い分野にまたがる技術であり、採用にあたっては、理工学の基礎知識を身に付けている人であれば専攻は問いません。日本の軌道技術を今後とも世界最高水準に保つために、新たな研究分野に好奇心を持ってチャレンジする意欲のある人材を望みます。

軌道技術研究部

PAGE TOP