新刊案内

鉄骨造旅客上家の耐震診断指針

図書NO:804

特定鉄道等施設の地震に対する安全性を向上させるための耐震補強の実施について努力義務を課す「特定鉄道等施設に係る耐震補強に関する省令」(平成二十五年国土交通省令第十六号)が、平成25年4月1日から施行になりました。その中で旅客上家が対象となりましたが、旅客上家には耐震性能の評価方法が定まってはいませんでした。そこで、鉄骨造旅客上家に対して、構造形態や構造種別に応じた耐震性能の評価方法を検討し、鉄道事業者における今後の耐震診断業務で運用可能な耐震診断指針を整備しました。
本指針が、耐震診断を行う際の一助となれば幸いと考えております。
(令和3年3月発行 定価2,200円(本体2,000円))

既存鉄道コンクリート高架橋柱の耐震補強設計指針NEW

図書NO:427

2013年に発刊された既存鉄道コンクリート高架橋柱の耐震補強設計指針は、これまでに(公財)鉄道総合技術研究所が開発した主な耐震補強工法を対象に鉄道構造物等設計標準・同解説に準じた設計法や施工法等をまとめたものです。今回の改訂により「繊維補強モルタル巻立て工法」や、橋脚の構造諸元を踏まえた変形性能算定式の適用範囲拡大について追記しました。
本設計指針が、既存鉄道コンクリート高架柱を対象とした耐震補強設計の一助になれば幸いと考えております。
(令和2年12月第2版発行 定価2,970円(本体2,700円))

その他の関連コンテンツ