画像・IT研究室

Image Analysis and IT

近年、画像解析技術やビッグデータ解析、ディープラーニングなどのIT技術が急速に発展しています。画像・IT研究室では、これらを鉄道に活用するための技術の高度化に取り組むとともに、施設の状態監視や列車運行時の乗務員支援、保守の効率化などへの画像解析技術やIT技術を適用する研究開発に取り組んでいます。

研究開発

車両側面カメラによる安全確認手法 UPDATE

車両発車時の安全性向上のため、車両側面カメラを用いて注意喚起情報を乗務員に通知するシステムを開発しています。

車両発車時の安全性向上のため、車両側面カメラを用いて注意喚起情報を乗務員に通知するシステムを開発しています。

ハンディカメラを用いた沿線設備認識システム UPDATE

メンテナンスの省力化と低コスト化を目的として、ハンディカメラによる前方監視映像から沿線設備を認識するシステムを開発しています。

メンテナンスの省力化と低コスト化を目的として、ハンディカメラによる前方監視映像から沿線設備を認識するシステムを開発しています。

特殊信号発光機の明滅検知手法 UPDATE

安全性の向上とメンテナンスの省力化を目的として、車載カメラを用いて特殊信号発光機の点滅をリアルタイムで検知する手法を開発しました。

安全性の向上とメンテナンスの省力化を目的として、車載カメラを用いて特殊信号発光機の点滅をリアルタイムで検知する手法を開発しました。

特殊信号発光機の設置位置シミュレータ UPDATE

省力化と効率化を目的として、現場で作業することなく特殊信号発光機の設置位置を検討できるシミュレータを開発しました。

省力化と効率化を目的として、現場で作業することなく特殊信号発光機の設置位置を検討できるシミュレータを開発しました。

徐行予告信号機の認識手法 UPDATE

運転士の前方監視を支援するため、車上からリアルタイムで徐行予告信号機を認識する手法を開発しました。

運転士の前方監視を支援するため、車上からリアルタイムで徐行予告信号機を認識する手法を開発しました。

画像式踏切内異常検知装置 UPDATE

踏切道の安全性の向上を目指し、遠赤外線カメラを用いた踏切内異常検知装置の開発を進めています。

踏切道の安全性の向上を目指し、遠赤外線カメラを用いた踏切内異常検知装置の開発を進めています。

カメラとLiDARセンサによる列車前方監視手法 UPDATE

夜間時の検知性能の向上を目的として、深層学習を応用したカメラとLiDARセンサによる列車前方監視手法を開発しています。

夜間時の検知性能の向上を目的として、深層学習を応用したカメラとLiDARセンサによる列車前方監視手法を開発しています。

列車による建築限界測定技術 UPDATE

効率化と低コスト化を目的として、車上に設置して建築限界支障を判定する装置の開発と、測定データを体系的に管理するシステムの開発を進めています。

効率化と低コスト化を目的として、車上に設置して建築限界支障を判定する装置の開発と、測定データを体系的に管理するシステムの開発を進めています。

実験設備

運転台の高さを模擬したトロ台車 UPDATE

トロ台車上のアルミフレームにセンサを設置し、運転台の高さから試験を行うことができます。

トロ台車上のアルミフレームにセンサを設置し、運転台の高さから試験を行うことができます。

製品・ソフトウェア

トンネルスキャナー UPDATE

トンネル覆工面の鮮明なパノラマ画像を、低コストで効率的に生成する、ラインセンサカメラやビデオカメラを中心とした撮影装置を開発しました。

トンネル覆工面の鮮明なパノラマ画像を、低コストで効率的に生成する、ラインセンサカメラやビデオカメラを中心とした撮影装置を開発しました。

特殊信号発光機の見通し検査システム UPDATE

特殊信号発光機の視認性について近赤外線と画像処理技術を用いることで、効率よく検査が行える視認性確認システムを開発しました。

特殊信号発光機の視認性について近赤外線と画像処理技術を用いることで、効率よく検査が行える視認性確認システムを開発しました。