音響実験室(無響室)

騒音解析研究室

精度高い音響試験を行うために、音の反射などが小さく、外部からの騒音や振動の影響を受けない環境にある部屋です。壁・床・天井には吸音材をくさび型に特殊加工したものが敷設されています。

特徴・諸元

特徴

・各縮尺模型を用いて、車両や構造物などを対象とした音の伝播に関わる実験を行います。
・種材料の吸音率測定、小型機器の音響特性測定などを行うことも可能です。

主要諸元

 寸法  幅5.40m×奥行き4.95m×高さ2.55m
 音響性能
 
 
 JIS Z 8732に規定された無響室での逆二乗則の最大許容偏差に適合
    630Hz以下 ±1.5dB以下、800~5kHz ±1.0dB以下、
    6.3kHz以上 ±1.5dB以下 
 付属設備  エアジェットー様有限長線音源装置、トラバーサ装置