RRR 1996年7月号

1996.7 Vol.53 No.7

ボイス '96
 競走が研究開発のモチベーション
− 東京大学工学部教授、家田仁先生に聞く −
(4)
グラフィック・レポート
 本格稼働開始!大型低騒音風洞!!
(22)
特集:新幹線の高速化技術
 高速化への取り組み
熊谷 則道 (12)
 狭軌で200km/hを超える高速走行をめざした技術開発
岡本 勲、他 (14)
 新幹線騒音の音源を探る
長倉 清 (18)
 高速走行に適した新幹線き電システム
持永 芳文 (24)
 新幹線高速走行に対応した軌道管理手法
内田 雅夫、他 (28)
 
リサーチダイジェスト(33)
 
  • 自励式電力変換装置による交流電気鉄道電源電圧変動対策
  • 交流き電回路電力シミュレータの開発
  • 超異方倍率画像によるトロリ線振動の観測
  • シンプル架線のちょう架線張力アップの効果
  • 高速力行通過用区分装置の開発
  • パンタグラフ舟体の挙動測定による電車線診断
  • ナトリウムランプ式トロリ線摩耗測定機の現車試験による性能評価
  • レーザドップラー式距離測定器による電柱位置検知
  •  
    こぼれ話
     座右のロブスター
    富井 規雄 (30)
    鉄道総研ニュース(37)
    くにたち(38)


    Copyright(c) 1996 Railway Technical Resarch Institute