会社データ

事業内容 鉄道に関する技術的、科学的な試験、研究開発、コンサルティングなど
設立 1986年12月10日
事業開始 1987年4月1日
正味財産 267億円(2017年3月31日現在)
職員数 527名(2017年4月1日現在)
事業予算 185億円(2017年度)
代表者 理事長:熊谷則道
事業所 ・国立研究所/東京都国分寺市
・東京オフィス / 東京都千代田区
・新宿オフィス / 東京都渋谷区
・千代田オフィス / 東京都千代田区
有資格者数 博士 / 193名、技術士 /  101名(2017年4月1日現在)
産業財産権件数 特許 / 1,868件、実用新案 / 2件、意匠 / 29件(2017年3月31日現在、出願中含む)
実施中の研究内容 1.鉄道システムの更なる安全性の追求
・鉄道の防災・減災技術の高度化
・鉄道利用者の安全性向上
・列車走行の安全性向上
2.情報ネットワークによる鉄道システムの革新
・情報ネットワークを利用した列車運行
・ICT活用による保守の効率化
・エネルギーネットワークによる省エネルギー化
3.新幹線の速度向上
・新幹線速度向上時の沿線環境負荷の低減
・新幹線速度向上における基盤技術の開発
4.鉄道シミュレータの構築
・バーチャル鉄道試験線の構築
・個別シミュレータ群の連携
5.実用的な技術開発
・リアルタイム地震波形予測による鉄道被害高機能シミュレータの開発
・地域鉄道に対応した軌道構造改良計画システムの開発
・トンネル内対策による微気圧波低減手法の開発
・新幹線上下・ロール振動低減システムの開発 等
6.鉄道の基礎研究
・災害現象の予測・検知・対策
・列車走行現象の解明
・劣化損傷メカニズム
・沿線環境・地球環境の改善
・ヒューマンファクターによる安全性向上
PAGE TOP