ごあいさつ

 鉄道総合技術研究所は、「高度な技術力をもって鉄道事業者への技術移転・指導を行う」、「即効的な成果を期待しない基礎的技術分野から広範な応用技術分野を担当する」等を活動の基本とし、鉄道の将来に向けた研究開発、鉄道のニーズに基づいた実用的な技術開発、そして鉄道に関わる諸現象解明のための基礎研究、を研究の三つの柱として活動を進めております。
 鉄道総合技術研究所は、1986年12月10日に運輸大臣(現、国土交通大臣)の許可を得て設立され、1987年(昭和62年)4月1日に、JR各社の発足と同時に、日本国有鉄道が行っていた研究開発を承継する法人として本格的な事業活動を開始しました。2011年(平成23年)4月1日には公益財団法人への移行を行いました。
 鉄道が社会・経済・生活環境の発展にこれまでと同様に寄与していくため、鉄道総研は鉄道を利用するお客様の立場にたち、国、鉄道事業者、産業界の方々と連携し、革新的な研究開発を行ってまいります。

photo
理事長 熊谷 則道