沿革

1986(S61)12.10財団法人鉄道総合技術研究所の設立を運輸大臣が許可
1987(S62)04.01JR会社の発足と同時に、本格的な活動を開始

06.17宮崎リニア実験線 MLU002での走行実験開始
1988(S63)09.27鉄道総研セミナー「大深度地下鉄道」開催

11.09第1回 鉄道総研講演会「鉄道システムの向上を目指して」 開催
1990(H2)06.25超電導磁気浮上式鉄道に係わる技術開発の基本計画及び山梨実験線の建設計画を運輸大臣が承認

11.15車両試験装置 完成
1991(H3)03.22中長期基本計画を策定

03.31実験E棟(人間科学実験棟) 完成

10.16第1回 鉄道技術展 開催(現在の鉄道総研技術フォーラム)
1992(H4)09.29第1回 教育講座 開催(現在の鉄道技術講座)

10.13国際講演会「世界の鉄道における研究開発の現状と未来」 開催(世界鉄道研究会議WCRRに発展)

12.15日中共同研究を開始
1993(H5)01.31ブレーキ試験機 完成
1994(H6)11.04ホームページ 開設(鉄道技術に関する公式サイトとして世界初)

11.13UIC(国際鉄道連合)との研究協力協定を締結
1995(H7)01.17兵庫県南部地震発生(復旧支援活動に協力)

01.26宮崎リニア実験線 MLU002N 時速411キロ達成(有人)

03.29中長期基本計画の改定

11.13SNCF(フランス国鉄)との共同研究協定を締結
1996(H8)06.05大型低騒音風洞 本格稼働

07.01山梨リニア実験センター発足

07.01鉄道技術推進センター発足
1997(H9)03.21第1回 鉄道設計技士試験を実施

04.03山梨リニア実験線 走行実験開始

06.01UICに加盟

09.03鉄道総研技術フォーラム 開催
1999(H11)10.19
-23
世界鉄道研究会議「WCRR‘99」を鉄道総研で開催
2000(H12)03.09超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会が「実用化に向けた技術上のめどは立った」と評価

04.01基本計画 RESEARCH 21 スタート

06.28日韓共同研究を開始(現在の日中韓共同研究に発展)
2002(H14)03.19集電試験装置を改良(時速200キロに対応)
2003(H15)03.31鉄道技術推進センターにレールアドバイザー制度を創設

12.02山梨リニア実験線 有人で世界最高速度 時速581キロ達成(MLX01)
2004(H16)03.18IEC(国際電気標準会議)/TC9(鉄道用電気設備とシステム専門委員会)の国内審議団体を引き受け

10.14鉄道技術推進センター 平成16年度「日本鉄道賞特別賞」受賞

10.23新潟県中越地震発生(復旧支援活動に協力)

11.16山梨リニア実験線 2編成によるすれ違い試験(相対速度 時速1026キロ)
2005(H17)03.11超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会が「実用化の基盤技術は確立した」と評価

04.01基本計画 RESEARCH 2005 スタート
2006(H18)04.26燃料電池鉄道車両の走行試験成功(構内試験線)
2007(H19)08.08山梨リニア実験線 累積走行距離60万キロ

10.25NEDOから委託されて開発した、エネルギー回生利用バッテリー駆動型省エネLRVを公開
2008(H20)10.31大型振動試験装置 完成
2009(H21)07.28超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会が「今後詳細な営業線仕様及び技術基準などの策定を具体的に進めることが可能」と評価
2010(H22)04.01基本計画 RESEARCH 2010 スタート

04.01鉄道国際規格センター発足

05.18ISO(国際標準化機構)/TC17(鋼専門委員会)/SC15(レール及び附属物分科委員会)の国内審議団体を引き受け
2011(H23)
03.11東北地方太平洋沖地震発生(復旧支援活動に協力)

04.01公益財団法人へ移行
2012(H24)07.18ISO(国際標準化機構)/TC269(鉄道分野専門委員会)の国内審議団体を引き受け
2014(H26)04.01鉄道地震工学研究センター発足
2015(H27)04.01基本計画 RESEARCH 2020 スタート