RRR 1999年11月号

1999.11 Vol.56 No.11

研究最前線
 人間の行動をデザインする
  ―建築に自然界のルールを持ち込みたい―
早稲田大学理工学部、渡辺仁史教授に聞く (6)
 
特集:都市鉄道の利便性向上
 未来の都市鉄道に向けての改善メニュー
富井 規雄 (11)
 大都市圏鉄道輸送需要の予測と評価
小野 耕司・野末 尚次 (16)
 乗り心地のよいブレーキの開発
長谷川 泉 (20)
 駅構造の最適化
青木 俊幸・大戸 広道 (24)
都市鉄道 V
 列車ダイヤシミュレータの開発
富井 規雄 (8)
無線と列車制御 <4>
 EIRENE
ヨーロッパの鉄道用無線ネットワーク
平栗 滋人 (28)
鉄道総研のパテントA
 鉄道総研のパテントA
(30)
リサーチダイジェスト(32)
 
  • 車体傾斜車両の緩和曲線走行時の乗り心地評価法
  • カント区間停車時の床の傾斜角と不快感の関係
  • 列車衝撃時の乗客挙動推定
  • 作業中の覚醒レベル保持に対する持久性体力の影響
  • 運転適性検査の判定基準の妥当性に関する検討
  • 入社5年目の若年社員の安全態度に関する検討
  • 鉄道交通システムにおけるリスク管理の検討
  •  
    くにたち(36)


    Copyright(c) 1999 Railway Technical Resarch Institute