RRR 2001年5月号

2001.5 Vol.58 No.5

ボイス2001
 21世紀仕様のブランド作りを目指して
−JR九州、石谷専務取締役に聞く−
(2)
 
特集:21世紀の鉄道 鉄道のインフラと延命化
 コンクリート構造物のメンテナンス技術の現状と今後の展望
魚本 健人 (8)
 構造物維持管理に関する最近の話題
村田 修 (14)
 軌道の沈下抑制策と軌道狂い管理手法
内田 雅夫 (18)
 メンテナンスを考慮した電車線構造
島田 健夫三 (22)
 鉄道インフラ整備に関する材料技術
上山 且芳 (26)
鉄道総研のパテント (19)
 車両トラクションテスタ(30)
 
草創期の浮上式鉄道[5]
 宮崎実験線
−時速500キロを合い言葉に−
西条 隆繁 (32)
 
リサーチダイジェスト(35)
 
  • ブレーキ時の粘着力と滑走制御
  • 高速域での電気ブレーキ力増大方法
  • ブレーキパターン変更による全回生ブレーキの可能性
  • トンネル内の高速列車の動揺と空気力の相互作用
  • 独立車輪用踏面形状の開発
  • 列車座屈に関する数値解析手法の開発
  • 線形予測モデルを用いた車両の振動解析
  • 引張りモード及び面内せん断モードの混合負荷による疲労き裂成長
  • 車輪の振動・音響特性の解析と数値シミュレーション
  • 鉄道総研ニュース (40)
    くにたち (41)


    Copyright(c) 2001 Railway Technical Resarch Institute