2軸交番載荷試験装置

橋梁や高架橋を構成するコンクリート部材や鋼部材などの性能を評価するための載荷試験装置です。

1.特徴

本装置では、柱や杭などの構造部材を模擬した試験体に、構造物に作用する鉛直方向の荷重を載荷しながら、水平方向の繰返し荷重を載荷することができます(静的載荷)。このような試験により、図のような水平変位と水平荷重の関係等、種々のデータを収集し、部材性能を評価することができます。

また、動的アクチュエータにより、ハイブリット試験も可能です(水平一軸のみ)。

図 試験装置概要

2.主要諸元

静的ジャッキ
  水平ジャッキ 最大荷重=±2,000 (kN)
最大変位=±250 (mm)
  鉛直ジャッキ 最大荷重=±2,000 (kN)
最大変位=±200 (mm)
動的アクチュエータ 静的最大荷重=±750 (kN)
最大変位=±250 (mm)
最大速度=±75 (kine)
(荷重±300kNにおいて,周波数1Hz,変位±40mmの正弦波3回繰り返しが可能)
反力壁(2面) 幅×高×厚=6.7 (9.0)×6.5×2.0 (m)
反力床 縦×横×高=8.7×11.0×2.0 (m)
反力フレーム 縦×横×高=4.0×2.5×5.5 (m) (柱芯・梁芯の最大スパン)

PAGE TOP