鉄道地震工学研究センター

Center for Railway Earthquake Engineering Research

鉄道地震工学研究センターの概要

巨大地震では震災リスクが、広範化かつ複雑化する傾向があります。

このような課題に対処し、より安全・安心な鉄道を実現するために、耐震設計・耐震診断、地震対策、早期警報に関する研究リソースを『集約』するとともに、わが国唯一の鉄道地震工学の『拠点』を目指します。

鉄道地震工学研究センターは3つの研究室から構成されています。

鉄道地震工学研究センターの紹介

1923年の関東地震を契機に本格的な耐震設計が導入されて以来、地震工学分野の研究は目覚ましい発展を遂げ、鉄道も高い地震時安全性が確保されています。

しかし、2011年東北地方太平洋沖地震を経験して、想定を超える巨大地震災害に対してどう立ち向かうか、そのための技術開発が喫緊の課題となっています。

鉄道地震工学研究センターでは、「地震に耐える強さ」と、「万が一災害を受けてもすぐに回復する力」を併せ持つ鉄道の実現に向けて、地震工学に関わる研究リソースを『集約』して、ハード・ソフト両面から高品質な研究成果を創出するとともに、地震に係る『情報拠点』の機能を有する組織として、リアルタイムで様々な情報を提供する仕組みづくりをしています。



鉄道地震工学研究センター長 室野剛隆

研究室と担当分野

  • 地震解析

    早期地震検知、地震防災システム、地震被害推定に関すること

  • 地震動力学

    地震動、地盤挙動などに関すること、液状化対策工法の開発に関すること

  • 地震応答制御

    構造物・車両・電車線路設備等の地震応答、免震・制震に関すること

イベント情報

PAGE TOP