低温起動性能を向上させた新幹線電車歯車装置用ギヤ油

高度精製鉱油主体の基油などにより、従来品からのコスト増を小さく抑えながら低温起動性能を向上させたギヤ油を開発しました。

1.概要

新幹線ネットワークの寒冷地への拡大により、歯車装置に使用されるギヤ油では低温起動性能の向上が求められます。そこで、従来品からのコストの増加を小さく抑えながら低温流動性を向上させた新規ギヤ油を開発しました。

2.特徴

  • 低温での粘度上昇を抑制する「高度精製鉱油」を主とした基油の採用、高温で必要な粘度を確保しながら低温での流動性を向上する「粘度指数向上剤」の配合により、従来品からのコスト増を小さく抑えながら、低温流動性を大幅に向上しています(図1、表1)。
  • 低温起動性能試験(図2)により、低温環境において実車歯車装置を安定して起動できることを確認しています。

図1 温度による粘度の変化
表1 低温流動性に関連する性状
図2 低温起動性能試験の内容と結果

関連ページ

PAGE TOP