車輪・レール高速接触疲労試験装置

車輪とレールの転がり接触疲労による損傷、摩耗の再現や、損傷・摩耗対策の評価に使用します。

1.はじめに

本試験装置は、車輪とレールの転がり接触疲労による損傷(きしみ割れ、ゲージコーナき裂、シェリング)、摩耗(車輪フランジ摩耗、レール側摩耗)の再現や、損傷・摩耗対策(材質、断面形状、潤滑)の評価に使用します。

2.特徴

試験装置の特徴として、曲線半径に応じたアタック角を細かく設定し、ラジアル荷重(輪重相当)およびスラスト荷重(横圧相当)を負荷できるほか、車輪・レール輪がそれぞれ独立したモータで回転するため(図1)、すべり率またはトルク(接線力)を細かく制御できます。これにより、実際の曲線走行に近い条件で試験をすることが可能です(表1)。

主な測定項目は、車輪・レール回転数、すべり率、車輪トルク、ラジアル・スラスト荷重、試験輪径・断面形状(停止時)です。

図1 試験装置の全体図
表1 試験装置の主な仕様

参考文献

PAGE TOP