第35回 鉄道総研講演会

持続可能な鉄道を支えるメンテナンス技術 -検査・診断の革新-

日 時:2022年11月9日(水)13:00〜17:35
場 所:有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階) 【案内図】
主 催:公益財団法人鉄道総合技術研究所
※入場無料 受付は12:00から開始いたします。 
ご聴講は全席指定の事前予約制です。

お申込みは終了いたしました。
なお、後日、講演内容をウェブで配信いたしますので、是非、ご利用下さい。

ごあいさつ

 公益財団法人鉄道総合技術研究所では鉄道の発展に寄与するため、基礎から応用にわたる総合的な研究開発や調査を行い、その成果や情報を積極的に発信しております。こうした活動に対し、国、JR各社をはじめとする鉄道事業者の皆様、ならびに関係企業の皆様など多くの方々に、平素よりご理解、ご支援を頂戴しておりますことに改めて感謝申し上げます。
 今回のメインテーマは、新型コロナウイルス感染症の影響等により、労働集約型の業務形態からの早急な脱却が求められている鉄道のメンテナンスを取り上げ、「持続可能な鉄道を支えるメンテナンス技術 -検査・診断の革新-」といたしました。本講演会では、特別講演者として東京大学教授の長山智則様をお迎えし、移動型や固定型の計測とシミュレーション、およびデジタル技術等を活用して鉄道を含む社会インフラのメンテナンスの効率化を図る技術開発についてご講演頂きます。鉄道総研からは、鉄道メンテナンスの革新に資する新たな検査技術、および診断技術に関する研究開発状況をご紹介するとともに、メンテナンスの省力化・省人化および高度化の今後の方向性について展望いたします。
 新型コロナウイルス感染症の状況が予断を許さない中、何かとご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

会 長 向殿 政男
理事長 渡辺 郁夫

プログラムと講演概要

13:00~13:10 開会の挨拶

会長  向殿 政男


13:15~14:15 特別講演
 メンテナンスの効率化・高度化のためのモニタリング技術開発

東京大学大学院 教授 長山 智則 様

 我が国の社会インフラは、高規格施設を中心として十分な資源を投入して着実なメンテナンスが実施されてきたものの、財政や経営の状況、技術者不足等の諸課題を考慮すると、従来の方法を今後遍く適用していくことは難しい。
 本講演では、新たな技術や知見を導入してメンテナンスの効率化や高度化を図る取組みとして、移動型や固定型の計測とシミュレーション、機械学習等を組み合わせた社会インフラのモニタリング技術の開発を紹介する。メンテナンスの省力化・省人化に加えて、インフラ状態の経時変化の定量的把握や予測を通した高度化について展望する。


14:20~15:00 基調講演
 持続可能な鉄道を支えるメンテナンス技術 -検査・診断の革新-

専務理事 芦谷 公稔

 鉄道の運行を支える車両や地上設備のメンテナンスは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等を受けて、労働集約型の業務形態からの早急な脱却が求められており、特に検査・診断において、リモート化・自動化等のDXへの取組みが加速している。
 本講演会では、鉄道総研における鉄道メンテナンスの革新に資する研究開発の取組みについて、画像や音・振動等を用いた新たな検査技術、およびシミュレーションやAI・機械学習等を活用したデータ解析に基づく診断技術等を中心に紹介するとともに、持続可能な鉄道を実現するための今後の鉄道メンテナンスの省力化・省人化および高度化の方向性について展望する。


15:00~15:20 休 憩


15:20~16:45 講演

車両メンテナンスに関する取組み

車両技術研究部長 石毛 真

 車両モニタデータや地上側から取得した画像等を活用した車両搭載機器の異常検知技術、蓄電池の劣化予測や台車の非破壊検査時のきず抽出の自動化等、鉄道車両の検査・診断業務の省力化、省人化に向けた研究開発の取組みを紹介し、今後の車両メンテナンスの省力化・省人化の方向性について述べる。


電力・信号設備メンテナンスに関する取組み

信号技術研究部長 新井 英樹

 設備の障害発生の予兆検出や寿命評価に基づくCBMの実現等による検査・診断業務のさらなる省力化・省人化に向けた研究開発の取組みを紹介するとともに、設備の劣化や故障等の原因解明やその対策による信頼性向上に基づく交換周期の延伸等、今後の電力・信号設備メンテナンスの高度化の方向性について述べる。


軌道・構造物メンテナンスに関する取組み

構造物技術研究部長 神田 政幸

 各種画像データや車上計測データ等の新たな活用法、シミュレーションや機械学習を用いた変状検出技術等、軌道・構造物の検査・診断業務のさらなる省力化・省人化に向けた研究開発の取組みを紹介するとともに、各種メンテナンスデータの統合データプラットフォ ームによる連携等、今後の軌道・構造物メンテナンスの高度化の方向性について述べる。


16:55~17:25 ディスカッション
 特別講演者と基調講演者のディスカッション

モデレータ : 理事 古川 敦

 


17:25~17:35 閉会のご挨拶

理事長  渡辺 郁夫

司会 専務理事 久保 俊一

新型コロナウイルス感染症対策への対応とご来場様へのお願い

 第35回鉄道総研講演会の開催に際しましては、ご来場者様、講演者、スタッフ全員の安全に配慮し、「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン」および「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に則り、最大限の感染予防対策に取り組んで実施させていただきます。
 ご来場の皆様におかれましても、下記をご確認いただき、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 また、講演会の実施につきましては、状況の変化により変更する可能性がございますことを予めご了承ください。

ご来場者様へのお願い
・ご予約のない当日のご参加はできません。

・ご来場前に以下の条件に該当する方はご来場いただけません
  ①検温の結果、平熱と比べて高い発熱がある

  ②咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、
   頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐の症状がある

  ③新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触者であり政府所定の待機期間中である、又は濃厚接触者になる可能性がある

  ④過去 1週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があり、政府所定の待機期間中である、
   もしくは待機期間中の該当者との濃厚接触がある

・ご来場の際には体温が37.5度未満であることの確認をさせていただきます

・会場内では必ずマスクをご着用し、咳エチケットの実践をお願いします

・会場にご用意する消毒液にて、こまめな手指消毒又は手洗いをお願いいたします

・ご来場・ご退出時、またご休憩時間には他の方と密にならないようご配慮ください

・お薬の服用や水分補給のための飲料水(蓋のできるもの)はご持参ください

 なお、ホール内は飲食が禁止されております(ロビー等での飲食をお願いします)

・万が一、ご来場者様を含む関係者より感染者が確認された場合、ご連絡先などの個人情報を保健所等の公的機関に提供する場
 合がございますことをご了承ください
・個人情報については目的外の使用をいたしません。また、一定期間経過後に削除します

感染予防対策の取り組みのお知らせ

・ホールの座席は全席指定席です。なお座席の位置はご来場時にご案内いたします

・受付スタッフはマスク、フェイスシールド、手袋を着用します。また受付シールドを設置します

・受付およびトイレ付近にソーシャルディスタンス表示を行います

・スタッフは全員マスクを着用します

・手指消毒液を設置しています

・会場各所は除菌・消毒を行っています。また建物空調にて換気を行っております

・質問用のマイクは使用の都度消毒をいたします

・時差入場、退場を実施しております

以上

会場

 有楽町朝日ホール
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
電話:03-3284-0131 FAX:03-3213-4386