排雪力測定試験装置

この装置は、約20m区間、試験体を最高速度40m/sで直線運動させることができます。

1.概要

走行台車に設置した模型プラウを用いて、列車のスノープラウによる排雪状況を再現する装置です。
走行台車はワイヤーロープにけん引され、ガイドレール上を最高速度で走行します。

2.諸元

排雪力測定装置の構成(トラスビーム式ガイドレール・走行台車・駆動装置)

トラスビーム式ガイドレール

全長 60m
試験区間長 20m
加速減速距離 各20m

走行台車

最高速度 40m/s(144km/h)
走行形式 ワイヤーロープによるけん引

駆動装置

動力 油圧モーター

3.主な用途

  • スノープラウによる排雪力に関する試験 等

図1 排雪力測定試験装置
図2 排雪試験状況

関連ページ

PAGE TOP