鉄道車両用長寿命空気ホース

外面ゴムに耐候性に優れた合成ゴムを適用した鉄道車両用長寿命空気ホースを開発しました。これによって車両保守の省力化が期待されます。

1.はじめに

鉄道車両では多数のゴム製空気ホースが使用されています。空気ホースは正常な車両運行を保持する上で重要な部品ですが、これまでは外面ゴムに一定期間使用後にクラックが発生するなどの理由から、3~4年間で取替管理され、そのメンテナンスに多大な労力を要していました。そこで、外面ゴムに耐候性、耐熱老化性に優れた合成ゴムを適用するなどによって、従来の取替周期の2倍以上の使用を可能にする長寿命空気ホースを開発しました。

2.長寿命空気ホースの種類と材料構成

鉄道車両用ゴム製空気ホースとしては、電車(在来線、新幹線)などの一般箇所で使用する一般用ホース、気動車のエンジン周りで使用する耐油性ホースの2種類があります。この2種類ともに長寿命ホースを開発しました(図1)。従来ホースの劣化評価試験を行った結果、一般用、耐油性ともに3~4年間の使用で外面ゴムにクラックが発生し、ホースの長寿命化のためには外面ゴムの耐久性向上が鍵となっていることがわかりました。したがって、長寿命ホースでは外面ゴムに耐久性に優れた合成ゴムを適用しました。

また、空気ホースでは一般用、耐油性ともに、車両走行中小石等が衝突し破損に至る場合もあり得ます。したがって、空気ホースの長期使用に際しての信頼性向上のために、一般用、耐油性ともに補強布に強度・耐久性に優れた合成繊維(ポリエステル)を適用することとしました。

3.長寿命空気ホースの耐久性評価

促進劣化試験等により長寿命空気ホースは、一般用、耐油性ともに10年間以上の使用に対して良好な耐久性を有することを判定しました。両長寿命空気ホースは、現在、JRの営業車両に導入されています。

*長寿命空気ホースの開発には(株)十川ゴムの協力を得ました。

図1 鉄道車両用長寿命空気ホースの構造と材料

参考文献

  1. 半坂征則、間々田祥吾、鈴木実:耐油性長寿命空気ホースの開発、鉄道総研報告、第18巻、第10号、pp.25-30、2004.10
  2. 半坂征則、畦地利夫、崎畑康典、伊藤幹彌:鉄道車両用空気ホースの開発特性、鉄道総研報告、第14巻、第3号、pp.19-24、2000.03
PAGE TOP