鉄筋コンクリート構造物の部材接合部の設計法の開発

鉄筋コンクリート構造物における配筋や部材接合構造について、施工性向上の観点から合理化を検討しました。

1.配筋詳細を考慮した鉄筋コンクリート部材の合理的な設計法に関する研究

現行の鉄道構造物等設計標準に示される鉄筋コンクリート部材の配筋方法や変形性能評価法の多くは、ラーメン高架橋柱を対象とした載荷実験に基づいています。一方で、小断面のボックスカルバート側壁などはラーメン高架橋柱の諸元と異なるため、合理的な施工が可能な配筋方法や、配筋詳細に応じた変形性能評価法が求められています。本研究では、実験および解析により、鉄筋コンクリート部材の配筋詳細に応じた変形性能を評価するとともに、合理的な配筋方法を提案しました。(図1)

2.施工性に優れたラーメン高架橋の部材接合構造の開発

耐震設計で考慮すべき地震力の増大にともない、ラーメン高架橋の杭・柱・地中梁接合部は過密配筋となり、鉄筋組立てやコンクリート打設が困難となる場合が生じています。そこで、鋼繊維コンクリートを用いて、接合部内の補強鉄筋を簡素化し、施工性に優れた部材接合構造を開発しました。(図2)

図1 配筋詳細に着目したRC部材の載荷試験
(同一鉄筋比における帯鉄筋間隔の影響)
図2 ラーメン高架橋接合部に着目した載荷試験に基づく接合構造の合理化

参考文献

PAGE TOP