コンクリート構造物のアルカリ量測定手法の開発

アルカリシリカ反応が生じる原因となり、将来的な劣化予測にも必要な硬化コンクリートのアルカリ総量は従来求めることが困難でしたが、コンクリート材料では、硬化コンクリートをギ酸で溶解することにより精度よく測定する手法を開発しました。

コンクリート構造物におけるアルカリシリカ反応の詳細な評価手法を確立するためには、硬化コンクリート中のアルカリ総量を的確に把握する必要がある。そこで、硬化コンクリート中のアルカリ総量を、骨材からの溶解アルカリ量を考慮した上で、コンクリートをギ酸により溶解して求める手法を開発しました。

新設構造物などで使用骨材が入手できる場合では、コンクリート全体の溶解アルカリ量から骨材からの溶解アルカリ量を差し引くことにより、およそ±0.1kg/m3の誤差で精度良く硬化コンクリート中のアルカリ総量を測定することができました。また、使用骨材を入手できない既設コンクリート構造物においても、骨材種等と溶解アルカリ量の相関をデータベース化し、コンクリートに使用している骨材種から溶解アルカリ量を推定することにより、硬化コンクリート中のアルカリ総量を推定する手法を検討しました。

図 酸溶解による硬化コンクリート中のアルカリ総量測定手法

参考文献

PAGE TOP