バラスト・ラダー軌道

ラダーマクラギをバラスト軌道に用いたものがバラスト・ラダー軌道です。

1.バラスト・ラダー軌道の概要

ラダーマクラギをバラスト軌道に用いたものがバラスト・ラダー軌道です(図1)。

図1 バラスト・ラダー軌道の基本構造

2.バラスト・ラダー軌道の特徴と用途

バラスト・ラダー軌道は、大きく2つの特徴を有しています。

  1. 保守周期の延伸
  2. 高い軌道横座屈安定性

バラスト・ラダー軌道は、主に以下のような用途で用いられています(図2~図6)。

  1. 一般バラスト区間の省力化軌道
  2. 橋台裏などの目違い対策
  3. 急曲線のロングレール化実現
  4. 踏切およびEJ部保守の軽減
  5. トンネル内バラスト軌道の保守周期延伸

図2 一般部
図3 踏切部
図4 伸縮継目(EJ)部
図5 レール継目部(10締結)
図6 レール継目部(3締結)

関連ページ

PAGE TOP