車輪摩擦係数測定装置μ(ミュー)テスタ

車両走行における粘着や乗り上がり脱線等に関係の深い車輪やレールの摩擦係数を測定することができます。

1.はじめに

車両走行における粘着や乗り上がり脱線等に関係の深い、車輪やレールの摩擦係数を測定できる摩擦係数測定装置「μテスタ」を開発しました。

2.μテスタ(特許第3848857号)

レール長手方向の摩擦係数測定に使用されているレールトリボメータの測定原理を応用し、接触面の形状を球面とした測定用ローラーを被測定物に回転接触させて測定を行います。測定部の外観を図1、システムの概略を図2に示します。本装置の特徴は以下の通りです。

  • 車輪踏面、フランジ面のどちらにも対応可能です。
  • 車輪円周方向に加え、90°傾いた車軸方向や45°傾いた方向の測定も可能です。
  • 輪軸単体だけでなく、車両在姿状態での現場測定が可能です(図3)。

図1 μテスタシステム概略図
図2 μテスタ外観
図3 μテスタ測定風景

3.μテスタライト(特許第4344665号)

μテスタの測定原理を踏襲した上で、設置方法を簡略化した簡易版測定器(μテスタライト)を製作しました。測定対象としては車輪・軌条輪・レール・平板等に対応可能です。また、制御計測器を改良した小型制御記録装置も開発しました。本装置の特徴は以下の通りです。

  • メモリレコーダに測定波形を記録して保存することが可能です。
  • 押付荷重とローラーの回転抵抗から摩擦係数を演算し、演算結果をデジタル数値表示させることが可能です。これにより測定値の読み取りが容易になりました。

測定部の外観を図4、測定風景を図5に示します。

図4 μテスタライト外観
図5 μテスタライト測定風景

関連ページ

参考文献

  1. 前橋栄一、飯田浩平、西山幸夫:摩擦測定装置「μテスタライト」の開発、検査技術、Vol.17、No.1、pp.59-67、2011
  2. 飯田浩平、前橋栄一:車輪摩擦係数測定装置「μテスタ」、R&m、Vol.18、No.2、pp.9-12、2010.02
  3. 前橋栄一、飯田浩平、西山幸夫:車輪およびレールの摩擦係数測定装置μテスタの開発、鉄道総研報告、第20巻、第11号、p.23-28、2006.11
PAGE TOP