車両構造技術研究部

Vehicle Structure Technology Division

車両構造技術研究部の概要

車両構造技術研究部には「車両運動」「走り装置」「車両振動」「車両強度」の4研究室があります。現状の車両における問題点の解明、次世代車両へ向けての技術開発を目標として、以下のような研究に取り組んでいます。

車両構造技術研究部の紹介

車両構造技術研究部では、鉄道車両の構造やダイナミクスの面から、車両の脱線に対する安全性、蛇行動に関する走行安定性、高速走行時や曲線通過時の乗り心地、運動・振動・音に関する快適性、車軸・車輪・台車枠・車体等の重要構造部品の強度や耐久性などについて研究開発を行っています。
車両試験装置をはじめとする所内の試験装置や営業線での現車試験など、実車を用いた試験、性能評価と合わせて、高度なシミュレーション技術や解析技術を用いて、研究者が設計、開発から性能評価まで一連の研究開発のサイクルを自分自身で回しながら、より安全でより快適な鉄道車両の実現を目指して、鉄道事業者のニーズに応える製品や手法の研究開発に取り組んでいます。

車両構造技術研究部長 石毛 真

研究室と担当分野

  • 車両運動研究室

    鉄道車両の脱線、転覆に対する走行安全性評価/車両動揺等の計測法およびデータ解析/車両の動特性に関する試験およびシミュレーション

  • 走り装置研究室

    ハイブリッドシミュレータによる車両運動特性評価法の開発/振子、操舵、上下制振制御などの台車関連技術の開発/台車特性に関する試験の実施と評価

  • 車両振動研究室

    車体弾性振動の評価、解析、低減技術/車内騒音の評価、解析、低減技術/マルチボディダイナミクスによる編成運動解析/車輪踏面の微小凹凸による車両運動特性向上

  • 車両強度研究室

    車輪、車軸、台車枠、車体等の疲労強度評価/超音波探傷等の非破壊検査法に関する研究/車両衝突時の衝撃特性に関する研究

PAGE TOP