人間科学研究部

Human Science Division

人間科学研究部の概要

人間科学研究部は「安全心理」、「人間工学」、「安全性解析」、「生物工学」の4研究室からなり、鉄道の安全性・快適性の向上に貢献するヒューマンファクター関連の研究開発全般を担当しています。また、人間科学の知見を活用して運転適性検査の技術指導や安全活動の支援を行っています。

人間科学研究部の紹介

人間科学研究部では、鉄道を利用する旅客、そして、鉄道を動かしている従業員、この両方の人間を対象として、その心理、身体、生理、行動の特性を測定、評価、解明し、鉄道の安全性向上、利便性向上、快適性向上のための問題解決や対策提案を目指した研究を進めています。最近取り組んでいる課題として、ヒューマンエラー防止、安全マネジメント支援、運転士支援、列車衝突時の被害軽減手法、駅・列車の快適性向上、衛生評価、そして踏切事故や鹿衝撃事故といった安全を脅かす部外要因に対する対策の研究などがあります。今後も、実用成果の基礎となるヒューマンモデルを重視し、また、最新の生理計測技術を積極的に活用してヒューマンファクター研究をダイナミックに進めていきたいと考えています。

人間科学研究部長 水上直樹

研究室と担当分野

安全心理研究室

従業員のヒューマンエラーに起因する事故防止対策としての運転適性検査や安全教育手法、利用者の安心などの研究

人間工学研究室

旅客に対する車両の安全性・快適性、設備のユーザビリティ向上や、従業員に対する作業環境の向上、教育・訓練システムなどの研究

安全性解析研究室

鉄道システムの様々な分野における安全管理活動や安全風土醸成を支援する研究、係員や利用者の不安全行動の防止に効果的な対策を検討するための研究

生物工学研究室

鹿との衝撃の抑制など動植物害の防止に関する研究、鉄道空間の衛生評価に関する手法の開発、鉄道環境で発生する電磁界の健康リスクの評価に関する研究

その他

「人間科学ニュース」は、人間科学研究部が隔月で発行しているPR誌です。 鉄道と人間科学、安全性、快適性などにまつわる研究成果やトピックをご紹介しています。5月号では各研究室の今年度の活動計画を紹介しています。