浮上式鉄道技術研究部

Maglev Systems Technology Division

浮上式鉄道技術研究部の概要

浮上式鉄道技術研究部は、電磁システム、低温システム、超電導応用の3研究室と山梨実験センターからなり、超電導磁気浮上式鉄道に関する基礎技術開発や超電導の研究開発に取り組んでいます。
超電導磁気浮上式鉄道の技術開発は、1996年まで宮崎実験線(約7km)で実験車両による基本走行実験を実施しました。1997年からJR東海と共同で山梨実験線(18.4km)にて走行試験を開始しました。現在も国土交通大臣の承認を受けた技術開発基本計画が進行しており、2013年8月からは山梨実験線を42.8kmまで延伸して試験走行を継続しています。さらに、超電導磁気浮上式鉄道用地上コイルや車両運動などの研究を実施しています。
超電導技術では、超電導の材料研究を進め、高温超電導材料の製作、評価を実施しています。また、脱炭素化を目指した超電導き電や電力貯蔵などの機器開発に取り組んでいます。その他、リニアレールブレーキや非接触給電技術など、在来鉄道への応用も進めています。

浮上式鉄道技術研究部の紹介

超電導磁気浮上式鉄道に関する基礎技術開発として地上コイルの評価や営業線を想定した状態監視、メンテナンス技術およびリニア車両の運動解析技術を推進しています。その他、山梨実験センターの管理、走行試験計画を担当しています。
リニア技術の在来方式への応用研究として、レールと車輪の粘着力に依存しないリニアレールブレーキや架線を必要としない非接触給電技術の開発を進めています。
また、超電導の線材やバルク材の研究開発に取り組んでいます。超電導の製造を含めた材料研究を進め、高磁場発生が可能な超電導バルク磁石の開発、在来方式への応用研究として、電気抵抗ゼロで送電が可能な超電導き電ケーブルでは中央線のき電系統に接続した適用試験を実施するとともに、宮崎実験線において長距離(km級)の超電導き電ケーブルの試験を実施しています。その他、超電導磁気エネルギー貯蔵といった応用機器開発、さらに、GM、スターリング、ブレイトンといった各種冷凍機開発も進めています。超電導技術分野における鉄道総研の技術ノウハウを活かし、基礎から応用までの研究開発を一体的かつ効率的に進め、超電導技術を用いた鉄道分野での技術革新を目指します。

浮上式鉄道技術研究部長 富田優

研究室と担当分野

電磁システム研究室

超電導磁気浮上式鉄道の地上コイルおよび車両運動、在来方式鉄道向けの非接触集電などに関する研究開発

低温システム研究室

超電導磁気浮上式鉄道の超電導磁石、冷凍システム、在来方式鉄道向けの超電導フライホイール蓄電装置、空調システムなどに関する研究開発

超電導応用研究室

超電導技術の鉄道応用を目指し、高温超電導材料の製作及び高特性化、超電導き電ケーブル等の機器開発など、基礎から応用に至るまで一貫した研究開発

その他