コンクリート構造研究室

Concrete Structures

コンクリート構造研究室は、橋梁・高架橋をはじめとする鉄筋コンクリート(RC)構造、プレストレストコンクリート(PC)構造などの、鉄道コンクリート構造物の設計、維持管理及び耐震に関する研究開発、技術基準の整備ならびに受託・コンサルティング等を行っています。現在は、以下の技術開発に取り組んでいます。

研究開発

せん断力を受けるRC・SRC部材の設計法に関する研究

鉄道構造物を構成する鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート部材について、支持条件や荷重条件により大きく異なる耐荷機構を踏まえた、より高精度な設計せん断耐力算定法を提案しています。

津波等流体力による橋りょう被害状況予測手法の開発

津波による橋りょうの被害を予測するため、構造条件および津波条件から、橋りょうに作用する流体力を算出し、支承や橋脚の抵抗力算出法と併せることで、桁流出や橋脚破壊などの被害状況を予測する手法を開発しました。

津波による桁流出防止工法の開発

津波による桁流出を防止する工法として、津波による水平力・鉛直力の持続作用に抵抗し、地震時には落橋防止装置として機能し、常時には桁の伸縮に対応可能な工法を開発しました。

配筋・部材接合構造の合理化

鉄筋コンクリート構造物における配筋や部材接合構造について、施工性向上の観点から合理化を検討しています。

RC構造物の復旧性に関する研究

RC構造物の大規模地震による損傷過程や、修復後の部材性能に関する検討を行っています。

鉄筋コンクリート構造物の劣化予測

経時劣化する鉄筋コンクリート構造物について、変状発生時期や構造性能の低下予測に関する研究を行いました。

ポストテンション式PC桁の維持管理

グラウト充填不良のポストテンション式PC桁を主に対象とした維持管理に関する研究・開発を行いました。

既設構造物のモニタリングシステムの開発

地震時における高架橋柱の損傷や,経時変化によるRC構造物の変状を検知するモニタリングシステムの開発を行っています。

ラーメン高架橋のリニューアル

ラーメン高架橋の耐久性や耐震性の向上を目的とした、梁、スラブおよび高欄の補修・補強工法を開発しました。

既設RC高架橋柱の耐震補強に関する研究

既設高架橋柱の耐震補強を目的に、耐震補強工法の開発やその性能評価に関する検討を行っています。

既設RC橋脚の耐震補強に関する研究

既設RC橋脚の耐震補強を目的に、耐震補強工法の開発やその性能評価に関する検討を行っています。

実験設備

2軸交番載荷試験装置

橋梁や高架橋を構成するコンクリート部材や鋼部材などの性能を評価するための載荷試験装置です。

500kN疲労試験装置

梁などの構造部材や鉄筋などの構造材料の性能を評価するための試験装置です。

製品・ソフトウェア

断面性能照査支援プログラム VePP

鉄道構造物等設計標準・同解説に準拠した断面性能照査支援プログラムの整備を行っています。

3次元耐震性能照査プログラム DARS

鉄道構造物等設計標準に準拠した3次元耐震性能照査プログラムの整備を行っています。

基準図書・書籍

基準図書

コンクリート構造物に関する技術基準の整備を行っています。

照査例や手引き、設計・施工指針の策定

鉄道構造物等設計標準に準拠した照査例や手引き、設計・施工指針を策定しています。

PAGE TOP