軌道の設計・施工と軌道部材の維持管理1(レール・溶接・締結装置)

開催日 2021/10/13(水)
期間 1日
定員 100
受講料 ¥14,000(税込み)

軌道に関する設計・施工と部材の日常保守のポイントについて学ぶ講座
 

受講対象者


鉄道事業者の軌道関係部門、軌道工事会社、軌道材料製造会社、コンサルティング会社などの中堅技術者の方。

目的


軌道関係の保守、工事、材料製造などを担当される方を主な対象として、軌道の理論や設計および施工、軌道部材の日常保守のポイント等について具体例を交えて分かり易く講義します。

目標


軌道構造の主要部分であるレールと締結装置について基礎的な理論と設計・施工の習得を目指します。

プログラム

10/13(水)

09:00 - 09:20
視聴確認

09:20 - 09:30
オリエンテーション

09:30 - 10:50
レールの力学と保守

[レールの機能と種類/レールの力学/材質/諸問題]

講師
軌道技術研究部 レールメンテナンス研究室 主任研究員 細田 充

10:50 - 11:00
休 憩

11:00 - 11:40
レール溶接の施工と検査

[4つのレール溶接方法/レール溶接部の品質検査のポイント等]

講師
軌道技術研究部 レールメンテナンス研究室 室長 山本 隆一

11:40 - 12:50
昼 食

12:50 - 13:30
レール溶接の施工と検査(続き)

[4つのレール溶接方法/レール溶接部の品質検査のポイント等]

講師
軌道技術研究部 レールメンテナンス研究室 室長 山本 隆一

13:30 - 13:40
休 憩

13:40 - 15:00
レール締結装置の機能と設計

[レール締結装置の機能と種類/設計の要点/性能試験法/主な性能評価]

講師
軌道技術研究部  軌道構造研究室 主任研究員 弟子丸 将

15:00 - 15:15
休 憩

15:15 - 16:30
ロングレールの理論と応用

[道床横抵抗力/座屈安定性/急曲線・分岐器介在・橋上ロングレール等]

講師
軌道技術研究部 軌道構造研究室 主任研究員 西宮 裕騎

■お願い
 ○視聴確認は9時00分から可能です。
 ○オリエンテーションは9:20から開始致します。
 ○カリキュラムの内容は多少変更する場合がございます。
 ○講義中にチャットで寄せられたご質問について各講義最後に講師がお答えします。
 ○アンケートへのご回答にご協力ください。