集電試験装置

電車線構造研究室

電車線とパンタグラフの動的な相互作用を測定し、性能評価を行う装置です。リニアモータ駆動により、実物のパンタグラフを搭載した走行台車が全長500mの走行路を最高速度200km/hで走行します。

 ・パンタグラフの性能評価
 ・電車線の性能評価
 ・電車線金具類の性能評価

特徴・諸元

走行路、走行台車、走行操作室、測定室により構成されています。走行台車上パンタグラフのデータは、無線テレメータにより測定室に送信されます。各種の電車線用支持物、張力調整装置などが設備されており、カテナリ架線のみならず、剛体電車線、サードレールなどにも対応できます。

主要諸元

 走行台車 
 搭載可能パンタグラフ
 
 在来線用パンタグラフ、新幹線用パンタグラフ
 その他のパンタグラフ、集電靴なども対応可能
 テレメータ
 
 
 チャンネル数 4チャンネル
 測定周波数  0~500Hz
 測定項目   直流電圧、動歪み、加速度など
 走行路 
 構成
 
 
 
 
 全長          500m
 加速区間        240m
 定速(惰行)走行区間    70m
 ブレーキ区間      190m
 鋼管柱間隔         10m
 電車線路支持物  シンプルカテナリ、ヘビーコンパウンドカテナリ
 標準設備電車線  その他の電車線も対応可能
 測定項目  電車線の押上量、歪み、加速度、離線など

関連ページ