IMPACTⅣ 橋梁下部工・土留め健全度診断システム

IMPACTⅣは、重錘などで橋脚等に打撃を与え、固有振動数を測定し健全度判定する「衝撃振動試験」に用いる計測システムです。

1.はじめに

IMPACTⅣは、重錘などにより橋脚や柱等に打撃を与えて、構造物の固有振動数を測定し、構造物の健全性を判定する「衝撃振動試験」に用いる計測システムです。「小型起振器」を用いて、重錘の使用を不要にし、土留めへの適用拡大を図れます。

2.特徴

  • 重錘が不要になり、可搬性、再現性が向上します。
  • 高振動数域まで対象とし、土留めへの適用拡大ができます。
  • 低コストで電源を要としない光ファイバ加速度センサを用いています。
  • 従来の衝撃振動試験、常時微動計測にも対応しています。

3.用途

橋梁下部工・土留めの個別検査、随時検査に適用

4.システム構成

  • ノートPC(IMPACTⅣアプリケーションインストール済み)
  • 光ファイバ加速度センサ
  • 光ファイバ加速度センサ読み取り装置
  • 無線加速度センサ
  • 小型起振器
  • 小型電力増幅器

図1 衝撃振動試験
図2 システムの構成
図3 橋脚天端に設置した小型起振器と光ファイバ加速度センサ
図4 土留め天端に設置した小型起振器
PAGE TOP