鉄道におけるユニバーサルデザインの基礎

この講座は終了しました

開催日 2018/06/19(火)
期間 1日
定員 40
開催場所 鉄道総研 国立研究所
受講料 ¥17,280(税込み)

できるだけ多くの人が利用しやすい鉄道システムのあり方を考える入門講座

受講対象者

できるだけ多くの人が利用しやすい鉄道システムのあり方に関心がある入門者の方。

目的

公共交通には、できるだけ多くの人が、安全、快適に利用できることが求められています。本講座では、ユニバーサルデザインの理念、高齢者や障害者などの心身機能の特性、車両や駅施設に関するガイドラインなど基礎的な事項を概説します。

目標

ユニバーサルデザインの考え方と、鉄道に関する我が国の法規、ガイドラインの基礎を理解し、駅や車両の課題を自ら見つけられるようになることを目指します。

プログラム

06/19(火)

09:00 - 09:20
受 付

09:20 - 09:30
オリエンテーション

09:30 - 11:40
ユニバーサルデザインの考え方

ユニバーサルデザインやバリアフリーの考え方や必要性について、人間工学の視点を含めて解説します。

講師

人間科学研究部 人間工学研究室    副主任研究員 鈴木 大輔

11:40 - 12:40
昼 食

12:40 - 13:45
駅施設のユニバーサルデザインとバリアフリー

バリアフリー法および旅客施設に関連するガイドラインの基礎的な事項について概説します。

講師

構造物技術研究部 建築研究室   主任研究員 山本 昌和

13:45-13:55
休 憩

13:55 - 15:10
鉄道車両のユニバーサルデザインとバリアフリー

車両に関するガイドラインの基礎的な事項や事例について概説し、車内設備の課題について考えます。

講師

人間科学研究部 人間工学研究室    主任研究員 斎藤 綾乃

15:10-15:20
休 憩

15:20-16:50
駅施設における視覚障害者誘導用ブロックの敷設ルール

ガイドラインの策定における利用者参加の実例として、視覚障害者誘導用ブロックの敷設ルールに 関連する取り組みを紹介します。

講師

人間科学研究部 人間工学研究室   主任研究員 大野 央人


■お願い
 ○受付開始時間は9時00分です。(オリエンテーションは9:20から開始致します)
 ○カリキュラムの内容は多少変更する場合がございます。
 ○キャンセルは開講日の2週間前までです。それ以降の受講料の払い戻しは致しません。

■企画

(公財)鉄道総合技術研究所 情報管理部 情報企画

■事務局
(一財)研友社
〒185-0034 東京都国分寺市光町2-8-38
TEL 042-572-7157
FAX 042-572-7190

■会場 (公財)鉄道総合技術研究所 国立研究所

一覧に戻る
PAGE TOP