鉄道トンネルの維持管理

この講座は受付を締め切りました

開催日 2018/11/26(月)~11/27(火)
期間 2日
定員 53
開催場所 鉄道総研 国立研究所
受講料 ¥32,400(税込み)

豊富な事例に基づきトンネル維持管理の基本から最新技術を学ぶ講座

受講対象者

鉄道事業者、建設会社、地質・建設コンサルタントあるいは資材メーカーなどでトンネル維持管理業務に携わっている若手から中堅技術者の方。

目的

鉄道トンネルに関する保守、工事、コンサルティング等に係わる方を主な対象として、トンネル維持管理の基本、関連する技術基準、変状対策について最新技術を豊富な事例に基づいて講義します。

目標

技術基準、トンネル構造などを理解した上で検査実務(特に全般検査)が行えるようになることを目標に、鉄道トンネルにおける維持管理の基本の習得を目指します。

プログラム(詳細は未定です。以下は昨年度実績です。)

1日目 11/26(月)

09:00~09:20
受付

9:20~9:30
オリエンテーション

9:30~10:30
概論

[鉄道トンネルの維持管理技術に関する現状、課題、展望などを概説します。]

10:30~10:40
休憩

10:40~11:40
トンネルの検査(体系・全般検査)

[鉄道トンネルの維持管理の基本的な考え方、トンネルの検査・診断法の基礎について、維持管理標準に即して解説します。]

11:40~12:40
昼食

12:40~13:40
トンネルの検査(個別検査)

13:40~13:50
休憩

13:50~14:50
トンネル構造と材料の変遷

[トンネルの断面形状や覆工材料の種類・変遷を紹介し、維持管理における留意点を整理します。]

14:50~15:05
休憩

15:05~16:05
覆工材料の劣化と補修

16:05~16:15
休憩

16:15~17:00
山岳トンネルの施工法・設計法の変遷

[維持管理を行う上で必要な知識として、山岳トンネルの施工法・設計法の変遷を解説します。]

講師

2日目 11/27(火)

9:00~10:00
都市トンネルの変状

10:00~10:10
休憩

10:10~11:40
都市トンネルの変状対策各論

11:40~12:40
昼食

12:40~13:20
トンネル覆工模型実験の見学

13:20~13:30
休憩

13:30~14:20
山岳トンネルの変状

14:20~14:35
休憩

14:35~16:45
山岳トンネルの変状対策各論

16:45~17:00
質疑


■お願い
 ○受付開始時間は9時00分です。(オリエンテーションは9:20から開始致します)
 ○カリキュラムの内容は多少変更する場合がございます。
 ○キャンセルは開講日の2週間前までです。それ以降の受講料の払い戻しは致しません。

■企画
(公財)鉄道総合技術研究所 情報管理部 情報企画

■事務局
(一財)研友社
〒185-0034 東京都国分寺市光町2-8-38
TEL 042-572-7157
FAX 042-572-7190

■会場 (公財)鉄道総合技術研究所
一覧に戻る
PAGE TOP