沿岸域の早期津波予測手法の開発

海域で観測された津波入射波形と事前に準備した海底地形による津波伝播特性を利用することにより、津波波形入射直後に沿岸近傍の津波波形と沿岸の最大津波水位を早期予測する手法の開発を行っています。

具体的には、図1に示した2つのステップにより沿岸近傍の津波波形と沿岸の最大津波水位を早期予測します。

ステップ1では、海域で観測された津波入射波形と事前に準備した海底地形による津波伝播特性を利用して、沿岸近傍の津波波形を予測します。ステップ2では、予測した沿岸近傍の津波波形を利用して、沿岸近傍~沿岸の対象地点を含めた小規模な2次元津波シミュレーションを行うことより、沿岸の最大津波水位を予測します。

図2は、東北地方太平洋沖地震を対象とした津波シミュレーション結果と本手法のステップ1による予測結果を比較した図ですが、簡便な本手法より沿岸近傍での津波水位をこの程度の整合性で予測できることを示しています。

図3は、沿岸での最大津波水位上昇量に対して、津波シミュレーション結果と本手法のステップ2による予測結果を比較した図ですが、汀線での最大津波水位上昇量の形状は良く一致し、空間分布の傾向についても概ね整合していることが分かります。

参考文献

  1. 津野靖士・藤原了:津波伝播特性を利用した早期津波予測手法の開発, 鉄道総研報告, Vol.30, No.3, pp.41-46, 2016