信号・情報技術研究部

研究部長からのメッセージ

信号・情報技術研究部長
川崎 邦弘

[出身] 理工学部 電気工学科専攻
1989年 鉄道総合技術研究所 入社
2017年4月 信号・情報技術研究部長に就任

 皆さんが普段ご利用になっている列車は、どうして安全に、かつ安定して運行することができるのでしょう?複数の列車を運行するためには、全ての列車が衝突・脱線することなく時刻通りに走れるように制御・管理する仕組みが必要です。
信号・情報技術研究部では、このような列車の安全を確保するための保安設備や制御システムと、効率よく運行の計画・管理を行うための運行管理システム、そして様々な鉄道設備や要員間でのコミュニケーションを支える通信システム、さらには、鉄道システム全体の計画や価値を評価する手法に関する研究開発を行っています。
 私たちの研究部には、電気・電子、物理、数学、情報処理、機械、経営工学、社会経済学など、多岐にわたる分野の専門家が所属しており、所内外の関係者との議論と、現場での実験・調査やシミュレーションを重ねながら、現状の課題解決と将来の夢を描く活動に取り組んでいます。また、当部の研究対象は、他の研究部が担当する分野と密接に関係するため、実に様々な技術分野の専門家と連携して研究開発を進めています。
 鉄道をさらに安全で魅力的な交通インフラへと発展させるために、画像処理・機械学習・ビッグデータ処理・情報ネットワークなど最新のICTを活用した新しい運行制御システムの研究開発に一緒に取り組んでみませんか。好奇心旺盛でチャレンジ精神にあふれる方、現場に密着した実務的課題にも意欲的に取り組める方、そして国内外の技術者・研究者と積極的に交流したい方を求めています。

信号・情報技術研究部

PAGE TOP