2022年度 車両技術研究部Webセミナー「デジタル技術を用いた鉄道車両の状態監視・検査診断技術」

開催日時 2023年02月03日(金)
14:00~16:25
申込方法 webからの申し込み
申込締切 2023年02月02日(木)

 鉄道総研では、デジタル技術で輸送品質の向上や省力化を実現したいという鉄道事業者様のニーズに応えるべく、最新のデジタル技術を応用した鉄道車両の状態監視、異常検知、診断技術に関する研究開発を行ってきました。本セミナーでは、それらの研究開発における、最近の成果を紹介します。
 コロナ禍におきまして、より多くの方々にご参加をいただけるよう、オンラインでの開催を企画いたしました。この機会に是非ともご意見、ご要望を賜りたく存じます。皆様の申込みをお待ちしております。

≪申し込み時の注意≫
申し込みの際は、会社・組織等のメールアドレスにて登録ください。
会社・組織のメールアドレスが使えない場合は、「名」に会社・組織名を加えていただくようお願いいたします。
フリーメール等からの申し込みでご所属が不明な場合、登録を取り消させていただくことがあります。

参加申し込み

デジタル技術を用いた鉄道車両の状態監視・検査診断技術

プログラム

14:05~14:30
モニタデータ分析による車両機器の異常検知

車両技術研究部 駆動システム研究室 研究員 横内 俊秀

・LSTMを用いた異常検知方法の考え方の紹介
・エアコン異常検知の事例の紹介
・ラジエータ異常検知の事例の紹介
 

14:30~14:55
振動分析による車両機器の異常検知と診断

車両技術研究部 駆動システム研究室 副主任研究員 高重 達郎

・タブレット端末・ノートPCによる振動データの収集
・診断法の紹介(しきい値、機械学習による異常検知(近傍法))
・想定される使用法の紹介
 全要検前後の機器単体回転試験
 交番検査時の機器運転時の検査
 

15:05~15:30
車両機器音の発生源特定に役立つ音源可視化技術

車両技術研究部 駆動システム研究室 主任研究員 笹倉 実

・BFによる音源可視化の原理と特徴
・BFによる音源可視化事例の紹介
 

15:30~15:55
画像処理による車両床下の外観検査

車両技術研究部 車両運動研究室 副主任研究員 小島 崇

・撮影装置の技術(カメラ・照明・速度検出等)
・画像処理の技術(異常検知アルゴリズム)
・床下機器の事例の紹介
・パンタグラフの事例の紹介
 

15:55~16:20
フェーズドアレイ超音波探傷法による台車部品の検査

車両技術研究部 車両強度研究室 主任研究員 牧野 一成

・フェーズドアレイ超音波探傷法の概要と従来法との比較
・車軸検査の事例紹介
・台車枠検査の事例紹介


その他の関連コンテンツ