運転システム研究室

Transport Operation Systems

運転システムでは、鉄道の輸送計画業務、運行管理業務の支援に関する研究開発を担当しています。特に、数理最適化技術やシミュレーション技術を用いて、より便利で効率の良い運行計画の作成、より迅速で適切な運行管理・情報提供を目的としたコンピュータシステムやアルゴリズムの開発を行っています。

研究開発

業務支援システムの開発(データベース技術、GUI)

運転曲線作成システム(SPEEDY) UPDATE

SPEEDYは線路上の制限や列車特性をもとに手軽に運転曲線図を作成するために開発されたシステムです。

SPEEDYは線路上の制限や列車特性をもとに手軽に運転曲線図を作成するために開発されたシステムです。

旅客流動を考慮した対話型ダイヤ作成システム

列車ダイヤにおける各列車の乗車人数をインタラクティブ(対話的)に推定するシステムを開発しました。ダイヤの変更を実施した場合の全列車全区間の乗車率をその場で確認することができます。

列車ダイヤにおける各列車の乗車人数をインタラクティブ(対話的)に推定するシステムを開発しました。ダイヤの変更を実施した場合の全列車全区間の乗車率をその場で確認することができます。

データ分析手法の開発

機械学習を用いた列車遅延予測手法

過去の実績の発遅延や乗車率をもとに、機械学習を用いて列車の遅延を予測する手法を構築しました。

過去の実績の発遅延や乗車率をもとに、機械学習を用いて列車の遅延を予測する手法を構築しました。

遅延の影響度・影響人数評価に基づく遅延対策支援システム

日々収集される列車遅延データを分析し、遅延が波及する範囲の大きさや、遅延により目的駅到着が遅れる旅客人数の観点から列車ダイヤを評価し、遅延対策を優先的に実施すべき箇所を抽出する手法を開発しました。

日々収集される列車遅延データを分析し、遅延が波及する範囲の大きさや、遅延により目的駅到着が遅れる旅客人数の観点から列車ダイヤを評価し、遅延対策を優先的に実施すべき箇所を抽出する手法を開発しました。

実績データを用いた輸送障害時の旅客流動分析手法 UPDATE

日々収集される運行実績データ、乗車人数データを分析し、輸送障害時の旅客流動を可視化する手法と、運転再開前、および再開後の利用者数を予測する手法を構築しました。

日々収集される運行実績データ、乗車人数データを分析し、輸送障害時の旅客流動を可視化する手法と、運転再開前、および再開後の利用者数を予測する手法を構築しました。

自動改札機データを活用した旅客流動調査 NEW

自動改札機データの活用により、広範囲で詳細な情報を把握できるため、ダイヤ改正の方向性、営業施策の検討を適切に進めることができます。

自動改札機データの活用により、広範囲で詳細な情報を把握できるため、ダイヤ改正の方向性、営業施策の検討を適切に進めることができます。

シミュレーション技術の応用

列車運行・旅客行動シミュレータ UPDATE

自動改札機等で収集される旅客ODデータと列車ダイヤデータを用いて、そのダイヤで列車を運行した場合の、旅客1人1人の列車の乗継経路、各列車の乗車率、各列車の遅延を推定するシミュレータです。主にダイヤ改正案に対する事前評価、検証に活用します。

自動改札機等で収集される旅客ODデータと列車ダイヤデータを用いて、そのダイヤで列車を運行した場合の、旅客1人1人の列車の乗継経路、各列車の乗車率、各列車の遅延を推定するシミュレータです。主にダイヤ改正案に対する事前評価、検証に活用します。

列車運行電力シミュレータの開発

地上電力設備・車両・運転操縦の詳細モデルを連成した列車運行電力シミュレータを開発しました。

地上電力設備・車両・運転操縦の詳細モデルを連成した列車運行電力シミュレータを開発しました。

列車内旅客行動シミュレータ

整列乗車方法の変更等、乗降円滑化施策による効果を評価する目的で、旅客乗降状況を詳細に再現する列車内旅客行動シミュレータを開発しました。

整列乗車方法の変更等、乗降円滑化施策による効果を評価する目的で、旅客乗降状況を詳細に再現する列車内旅客行動シミュレータを開発しました。

数理最適化技術の応用

ダイヤ乱れ時の車両(機関車)・乗務員運用整理案自動作成アルゴリズム UPDATE

ダイヤ乱れ時の機関車・乗務員のスケジュール変更について、元のスケジュールからの変更が少ない案などを自動作成します。

ダイヤ乱れ時の機関車・乗務員のスケジュール変更について、元のスケジュールからの変更が少ない案などを自動作成します。

車両運用計画自動作成アルゴリズム UPDATE

車両運用計画の効率化を目的として、自動作成アルゴリズムの研究開発を行っています。

車両運用計画の効率化を目的として、自動作成アルゴリズムの研究開発を行っています。

乗務員運用計画自動作成アルゴリズム UPDATE

乗務員運用計画において、要員効率のよい行路作成、複雑な条件を満たす交番作成をコンピュータ計算により実現するためのアルゴリズムを開発しました。

乗務員運用計画において、要員効率のよい行路作成、複雑な条件を満たす交番作成をコンピュータ計算により実現するためのアルゴリズムを開発しました。